錆澄閑ロゴ

作品集 一点物

花器

作品集 一点物

花器

作品詳細

価格:90,000円(税別)

素材:銅 仕上げ:錫引き サイズ:高200×口径155 重さ:1kg

1枚の平らな銅板を金鎚で何万回も叩き続けて出来上がる形

口元のシワは「絞り」という鍛金技法の成形過程で自然にできるものです。
深みのある形を作っていくとシワはより深いものとなって現れます。
シワは一般的には作品に残さずカットして直線に仕上げるのですが、叩くほどに垂直に立ち上がってシワが生む溝に面白さを感じ、逆に意匠として残しました。
底面は小さく卵型で、上に向かうカーブは緩く軽い印象を与えて、見た目の重心は口元に来るようにしています。
表面は錫を流し変色させ仕上げています。岩のようなイメージで仕上げました。
シワの溝を生かして野の花などを生けると、山の岩盤の隙間からも小さな花を咲かせるたくましい自然の山野草のすがたを見るようです。

花器のお取り扱い

作品は素材の質感、経年変化を大切にするために素地のままに近い仕上げになっております。
水を入れる内側に白く跡が残ったり緑青が出たりもしますが、それも水に反応して成熟を増した花器の美しさの一つです。
もし気になる場合はスポンジで水洗いしていただくと取ることもできます。

活けた花に霧吹きなどをする際も水滴の跡が残りますので、花器には手や紙などをかざしてかけます。底面も水気がありますと跡が付きやすいのできれいに拭き取って置いてください。

持ち運ぶ際、ハンドクリームなどで手に油が付いていると指紋跡が写りやすいです。手跡が残るのはあまり美しくありませんので、布でくるんだりして直接触れないように扱っていただけると安心です。

使い込んでいくうちに色味も暗くなり全体が徐々に変化していく様は、金属という素材の止めることのできない不思議で美しい現象のひとつです。
金属の花器はどんなものも変化していくことが前提とお考えいただきましてお使いください。

ご購入をご検討の方はこちらよりお問い合わせください